2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sumi_list3

sumi_list

無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月25日 (土)

俺、もうダメかも・・・

俺、もうダメです・・・。

なにが??
釣りに行っても釣れません。先週と今日、雨の合間に釣りに行きました。
とりあえず、狙いは雑魚全般、小さいスプーンを巻けばカワムツやウグイが釣れるはず。
あわよくば、小さいナマズ、ニゴイもターゲット。

ウェーダーも安いやつですが、新調しました。
さてさて、スプーンを巻いてみますが、まったくの無反応。

以前は、「ここいるぞ!」と思った場所では、何かしら釣れました。しか~し最近はピンとくる場所がありません。
感覚が衰えたかな(笑)

まぁ、以前ではどこにでもいたカワムツが全然釣れなくなった気がするのですが、気のせいなのでしょうか・・・
私がポイントを間違えているのでしょうか?・・・

全然ダメです。

以前私が良くオイカワを釣っていた川も急激に魚が減りました。
通りががりのおっちゃん曰く、毎日鵜が来て食べていると言ってました。
確かにあるときから鵜をよく見かける様にはなったんですよね。
鳥に恨みはありませんが、こういう結果になると鵜は嫌いかもしれません。

なんだか雑魚釣りも気軽にできない感じが寂しいもんです。

最近餌釣りでもやってみるかとも思ったんですが、もう30年近く疑似餌ばかりだったので
餌釣りのポイントも釣り方も忘れてしまいました(笑)
マブナでも釣りたい所ですが、子供の頃親しんだポイントはコンクリートで埋まってます・・・(涙
子供の頃に行っていたポイントはもうほとんどが残っていないのかもしれませんね。

綺麗な小川もコンクリートで蓋をされたり、U字溝になったり、護岸されたり埋められたり・・・。
いつぞや、子供の頃に過ごした町の良く遊んだ小さい川を見に行きましたが、まさにこんな感じでかなり悲しかったのを覚えています。

まったく魚が釣れないんで少し感傷的になってしまいました(笑)

※写真はイメージです。
Imgp0197


2020年7月18日 (土)

タタミ一畳で楽しむ16番HOゲージレイアウト

時々このブログでも書いていますが、タタミ一畳、約1800×900の簡易レイアウトで遊んでいます。
2LDKのアパートのリビングに設置しており、いつでも遊べます。

常設レイアウトとお座敷レイアウトで長所短所がありますので、どちらがいいとは言えませんが
HOゲージで遊ぶには、それなりに広い部屋を占有できない限り、お座敷運転になることが多いかと思います。

私は設置と片付けが面倒なので今の形態で遊んでいます。
うちの小さいレイアウトはKATOのユニトラックR430とR370の複線で構成されています。

長所と短所を見てみましょう。
●私の小さい準常設レイアウト
 長所
  線路の設置と片付けが不要
  いつでも気軽に遊べる
  高めの台に設置すると視点がリアルに感じる
  車両をのせたままにできる。
 短所
  急カーブなので、走らない車両がある
  急カーブなので、連結面がちょっと悲しい
  小さいからすぐに一周する
  10両編成なんて無理
  
●お座敷レイアウト
 長所
  部屋の広さにあわせて拡張できる
  ある程度緩やかなカーブも使える
  スペースが広ければ長編成もいける
  片付ければ場所を占有しない
  
 短所
  設置、片付けが面倒
  視点が床なので車両を近くで見にくい
  
とかとか色々あります。
ただ、急カーブに納得できない人や、長編成をやりたい人には向かないと思います。
割り切りが出来てお手軽に楽しみたい人向けですかね。

鉄道模型はリアルでないといけない・・・私もそれには同意です。
急カーブはリアルじゃないし、フル編成じゃないとリアルじゃない・・・私もある程度同意です。
フル編成ならNゲージでやればいいし、よっぽど広い部屋を占有しないかぎりリアルな(許容できる)カーブは無理です。

場所が確保できないなら割り切りです。
急カーブ大歓迎です。連結面がダサくたって走った方が楽しいです。編成は短くたって、ポイントとなる車両を選べば割といい感じです。

こんな感じですかね。
カントのついた緩やかなカーブには憧れますが、場所がないのだから、工夫して遊ぶのが一番!です。
私は蒸気機関車に興味があまりないので、この形態でいけますが、蒸気メインだと難しいですね。

箱にしまったままより、箱から出して遊びましょう!
Img_3286_20200718080301

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »