無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 16番HOゲージを走らせる!!その3 | トップページ | 16番HOゲージを走らせる!!その5 »

2019年2月19日 (火)

16番HOゲージを走らせる!!その4

先日、R356.5を使用した準常設レイアウトを掲載しましたが、外周をR420に変更しました。
少しだけ、幅が広くなりましたが、無改造で走れる車両も増えました。
20190219a
単純なエンドレスに数本の引き込み線ですが、それなりに楽しいです。
楽しいので、色々だしてみる。

20190219b
R420にするとTOMIXの115系も走りますが、カーブで少々車体があたります。
20190219c
EF64+12系4連もスイスイ。この編成ならR356も余裕です!!

TOMIXの機関車もEF64-1000は走りましたが引っ張り棒のある交流機やEF81は無理でした。とはいえ、走らせると楽しいですよ。

Nゲージを最初に買ったとき、TOMIXのレールセットAに香港製のED75と貨車数両、緑色のパワーユニットでぐるぐる走らせたときの感動を思い出します。

新製品を買って保管しておくのも良いですが、短編成でぐるぐるだけでもHOはでかいのでNとは違った満足感もあります。

短い直線に急カーブでリアルさはないですが、走る模型として、十分楽しいことを認識しました。

一応、R356を走る車両もカーブポイントでは脱線することが多いです。
フライシュマンの線路ですと、フランジの小さい日本型は脱線しやすいようですので
ポイントを少々改造すると脱線はだいぶ減ります。

« 16番HOゲージを走らせる!!その3 | トップページ | 16番HOゲージを走らせる!!その5 »

模型製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16番HOゲージを走らせる!!その3 | トップページ | 16番HOゲージを走らせる!!その5 »