無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 3色更新の頃の1009号機 | トップページ | 今日は一日模型 »

2010年9月22日 (水)

パソコンで昔を思い出す時

今、個人が使うパソコンの多くがWindowsをOSとするPC。
私も今は仕事も自宅もWindowsマシン。

実家に帰れば、X1G model30、X1turboZ IIが眠っているはず。
残念ながらX68000ACE-HDは電源が壊れてしまった。壊れる寸前、HDDの中身をすべて吸いだしておいたので、Windows版のエミュレータで環境は再現できている。

今は動画サイトなどで当時のゲームの画面や音を聞くことができるけど、
FM音源やPSG音源の音って何でこうも心にしみるんでしょう。

高校生だった25年くらい前、X1Gでパソコンを始めた時を懐しく思い出します。
X1Gの時はPSGだったけど、X1turboZ~X68000とFM音源(YM2151)を24,5歳くらいの頃まで聞いていました。今、それらのゲームの音とか聞くと「俺の青春のパソコン」と言った感じでしょうかね。
23,4歳の頃からはPC-9821+86ボードになったけど、こちらはそれほど熱くなった記憶はないなぁ。一応PC-9821Bf、PC-9801FX、PC-9821Xa7は持っていた。

で、AT互換機(って今も言うのか?)は、ただの道具になったと言うか、自分がオッサンになってパソコンや周辺機器の進化についていけなくなったと言うのか・・・・。
まぁ。FM音源やPSGの音、デジタル8色の画面、そんな時代が懐かしいです。
X1シリーズとX68000シリーズ、SHARPのHi-FiビデオFX-61、SONYのコンパチプレーヤーMDP-555、KENWOODのROXY D9が私の20歳前後を彩ってくれたAVC機器でした。今もAVC機器って言うかい?????

X1のゲームの音を聞いていて懐かしさのあまり、こんな事を書いてみました。

さて寝るか。

« 3色更新の頃の1009号機 | トップページ | 今日は一日模型 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3色更新の頃の1009号機 | トップページ | 今日は一日模型 »