無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 初冬のメバル釣りへ。 | トップページ | 本日休暇。 »

2008年12月 7日 (日)

那珂湊機関区見学。

本日、EMSさんのお誘いにてひたちなか海浜鉄道の那珂湊機関区見学に行ってきました。メンバーはEMSさん、Y君、動力者操縦者さん、今日初対面の鉄ヲタのパパさん、そして私です。事前に申し込みをする事で見学OKとなりました。このひたちなか海浜鉄道はもとの茨城交通湊線です。私が子供の頃、海水浴に行く途中、道路と並行している部分があるのですが、そこを通るとき列車が来ないかな?とワクワクしていたことを思い出します。

早速見学開始。

Clip_1

いきなり目の前にはキハ205(キハ20)です。現在は入場中で修繕を行っている様ですが、このカラーリングはやはり安心感がありますね。

Clip_2

そして新潟鉄工製?のNDC。個人的にはこの車輌も結構好きですね。「みなと」にちなんでキハ3710と言うそうです。

Clip_5

検修庫と言うのかな?建物内からキハ205を眺めます。模型で再現してみたくなります。

Clip_6

入れ換え信号機をアップに駅を眺める。那珂湊駅は駅舎、線路配置、雰囲気など模型的な視点から見ても大変魅力的です。

Clip_3

修繕中のキハ20ですが、やはり窓周り等の痛みが多い様ですね。そして台車の色はウェザリングの参考になりました。

Clip_4

台車も一枚。

Clip_10

なんとなく懐かしい気持ちになれる駅の風景です。

Clip_11

そして最後にキハ22に乗車。終点のあじがうら駅はホームも長く、かつて国鉄線から臨時列車が乗り入れていた事を思い出させてくれます。

キハ22は想像していたより、乗り心地も快適で魅力的なエンジンサウンドを堪能することが出来ました。乗客としてみた場合、新しいレールバスの方が快適なのかもしれませんが、今の厳しい世の中、昭和を思い出させてくれる彼ら国鉄型気動車には一日も長い活躍を願わずにはいられません。そして乗客としての私たちが出来ることで応援できればと思います。

今回はこの様な体験をさせて頂いたひたちなか海浜鉄道様には心よりお礼申し上げます。

« 初冬のメバル釣りへ。 | トップページ | 本日休暇。 »

「模型製作」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!改めてありがとうございました。今日は実に有意義で楽しい一日でしたね^^今後もこうした楽しく魅力あるイベントを行いたいですね、今後ともまた宜しくです!

EMSさん、こんにちは。
昨日は大変お世話になりました。またいつでも声をかけてください。しかしキハは良いですな~。

ではでは。

Sumiさん、こんばんは
昨日はありがとうございました☆
イロイロな鉄ネタで非常に楽しく勉強になる一日を楽しく過ごせました!!
またみなさんと鉄ネタで盛り上がりたいですね!
今後もみなさんと鉄で大いに楽しみたいと思います。
次回もみなさんとイベントに参加してイロイロ楽しい時間を過ごしましょう!
今後とも宜しくお願いします♪

ありがとうございました。
今度は、ごゆっくり。沿線は結構魅力的です。
(吉田)

動力者操縦者さん、

こんばんは。
当日は色々ありがとうございました。
私も久々に熱い鉄トークを楽しませて頂きました。

また何かやりたいですね!!。
そうそう103系は加工を再開しました。

ひたちなか海浜鉄道 吉田様

今回は機関区見学と言う機会を頂きありがとうございました。とても貴重な体験をすることが出来ました。

茨城県は釣りで頻繁に行っていますので、改めて湊線の沿線も訪れてみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初冬のメバル釣りへ。 | トップページ | 本日休暇。 »