無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 作りかけの駅のジオラマで。 | トップページ | ゴハチ »

2008年11月 5日 (水)

釣りシーンで栃木弁

今年は何度も静岡へ釣行しました。そこで時々静岡の言葉を耳にしました。
もちろん私もバリバリの栃木なまりで話ているのだと思いますけどね。

そんな土地土地の言葉って良いなぁと思います。

そこで、生まれも育ちも栃木の私。釣りシーンで使えそうな栃木弁(北関東弁?)を
思いつくままに書いてみます。
なお、訳は私個人のものであり、もしかすると少し違うかもしれません。

では、釣りシーンで使えそうな栃木?北関東?弁です。
なお、誠に勝手ながらMAKさんに登場してもらいました。

その1:いじやける または ごせやける。
    例文) まったくバックラ直らなくていじやけ(ごせやけ)っちゃ~よ。
     訳) まったくバックラが直らなくて頭にくるよ。

その2:こわい
    例文)子「父ちゃん釣り行こうよ」
       父「今日はこわいからダメだな」
     訳)父「今日は疲れているからダメだな」

その3:むぐる
    例文) ウェーディングしてたら腹が冷えてウ○コ、むぐっちゃいそう
     訳) 汚いのでご想像におまかせします。

その4:だいじ
    例文)私 「MAKさん、腹の調子、だいじ?」
       MAKさん「だいじ、だいじ」
     訳) 私 「MAKさん、腹の調子大丈夫?」
         MAKさん「大丈夫、大丈夫」

その5:つんのめる。
    例文)  孫「ばぁちゃん、ちょっと川行ってくる!!」
        祖母「川でつんのめんなよ~」
     訳)  いまいち良い訳がないな・・・・。

その6:ごじゃっぺ
    例文)あのおっさん、ごちゃっぺ言ったなぁ、全然魚いね~よ。
     訳) あのおっさ、ウソ言ったなぁ ~

その7:血だら真っ赤ん
    例文) ルアーのフックが指にささって血だら真っ赤んだよ~。
     訳) ルアーのフックが指にささって血だらけだよ~。
     注)そもそもこれが栃木弁なのか自信なし。

その8:よっぱら
    例文) 餌釣りは昔よっぱらやったよ~
     訳) 餌釣りは昔さんざんやったよ~

とりあえず、すぐに思いつくのはこの辺かな。

« 作りかけの駅のジオラマで。 | トップページ | ゴハチ »

「魚釣り」カテゴリの記事

コメント

その3以外はリスニングできました。私も「ネイティブ」なので(笑)。

ところで,「だいじ」は危険な言葉ですよね。
 ネイティブ → 大丈夫・平気
 標準語 → 大事・重要
という風に全く逆になってしまいますから。何度か誤解が生じたことあります。
 部下「スミマセン,あの書類なくしちゃったんですけど」
 上司「あー,だいじだよ!」
 部下「スミマセン!もう一度よく探してみます!」
みたいな。

自分も方言大好きです。特に女性の方言・・たまりません。昔東北弁の女性が最高だ!と騒いでた友人がいましたよ。関西も良いらしいですね~。自分は経験上、鹿児島弁と遠州弁の女が・・懐かしいです。

みゃざきさん、こんにちは。

そうですね。みゃざきさんならわかりますよね。
もしかすると、「その3」は栃木の中でも私の実家の町あたりだけなのかもしれません。逆に「その7」って通じるのか不安はありました。

「だいじ」は同感ですね。私も誤解を生じた事がありますよ。

でも最近はあまり使わないのであえて使ってみようかと思ったりもします。

MAKさん、こんにちは。

私は関西弁好きですね。前職の時、関西へ出張したときがありましたが、良いな~って思いました。

次にそちらに行った時はその1~その8まで使いますよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作りかけの駅のジオラマで。 | トップページ | ゴハチ »