無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ニゴイ | トップページ | 燃え尽きた・・・。 »

2008年10月27日 (月)

続103系 その2

こつこつ103系を作っています。現状では4両できました。今回の6両のうち3両は付属の台車、3両は日光モデルのDT-33にしました。で、DT-33を見た時、なんでこんなデカイのって思いました。恥ずかしながら、DT-33って他の台車と比べて軸距?が長くて車輪もちょっと大きいという事を今知りました。写真はモハ103とモハ102ですが、おくのモハ103の手前側が運転席の部分を客室にしたものです。ちょっと埋めが甘かったり戸袋窓にHゴムがなかったり結構手抜きですけど、遠くから見ればわからないのでOKとしました。

Clip_1_3 

あと屋根はまだ固定していません。手前が付属の台車、奥が日光のDT-33ですが暗くて見えないですね。

最近は「模型作り時々釣り」いや「休みは釣り、夜は模型」にするか(笑)

« ニゴイ | トップページ | 燃え尽きた・・・。 »

プラモデル(鉄道)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。時間は出来ましたが、万一に備えて再始動の準備もしています。

SUMIさんは細かい話はあまり好きではないと思うのですが、僕的にちょっと。(笑)
首都圏運用の103系といえばやっぱしATS-Bの車上子かなぁと思うです~。先頭車の連結器胴受けの下、左右にある青いのがそうだったと思うのですが、これつけて欲しいなぁ。浦編成には必須です??

話変わって
D51498のテンダー下にぶら下がる発電機箱。
中にあったのは一般用?のリコイルスターターの発電機でした。夜店の発電用と同じかなぁ。
これが分かった時、妙にがっかりしたなぁ。(笑)

SHINさん、お久しぶりです。

ATS-Bですね。名称は知っていたのですが、車上子がどこについているのか知りませんでした。で、調べたら連結胴受けのところについているんですね。ネットで見ると小さくて形がわからないんですよ。形がわかればらしく作るんですけどね。

10cm角くらいの正方形に左右から平板が2枚飛び出た格好のものです。色は車体と同じかなぁ。正面には名盤のような四角い銀色の部分があったと記憶しています。ロストでもあるみたいなんだけれど、めったにお目にかかれないかなぁ。確かピノチオかワムだったと思います。資料探してみますね。図面は無かったな。

最近の電車、前面の下にホーム検地装置がついているのがありますね。あれってやっぱり安全の為についているのかなぁ。209系で試験導入されて、外した車両もあるのでもう終わりかと思っていたたら231系にも付いてますね。

そういえば、209系ももう廃車される時代なんですね。いろいろ思い出の深い電車だけに時代の流れを感じます。

Shinさん、こんばんは。

その後色々調べましたがアップの写真がないんですよね。
色は車体と同じか、私が見たものは青でした。いずれらしいものをつけてみようかと思います。

国鉄型をはじめJRの初期の車輌も廃車になっていく様ですね。

鉄道の風景から国鉄の面影が消えていくのも時間の問題なのかもしれません。寂しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニゴイ | トップページ | 燃え尽きた・・・。 »