無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

GWの釣りは。

あまり行かない

渓流へ行くと、やはりメジャーポイントは人が多い。
そう言う意味ではメジャーポイントの渓流は連休があけると魚もいなくなりますが。
メジャーポイントを外して里川へ行くと、田植えの時期なので、減水and濁り。

バス釣りへ行くと人も多いし、田植えの最中。迷惑駐車には気をつけましょう!!。

海へ行くとファミリーフィッシングが多いので、何となくやりにくい。

そんな訳で連休中は軽く近場のポイントを数箇所周って終了する事が多い。
まぁ、季節的にも連休明けからが本番かなぁ。と一年中釣りをしていると思います(笑)。

↓そんな感じで1匹だけ釣ったヤマメ。
Clip_1_90

↓多分産卵前のウグイ。魚種は何であれ、魚が沢山いるのは嬉しい。
 私の住む県は何でも食べちゃうからなぁ。生き延びてくれよウグイちゃん!!。
Clip_2_23

2007年4月26日 (木)

EF65-1118

久々にHOゲージを購入。
KATOのEF65レインボーです。

一言で言えば"良い!"です。
赤の感じも良いし、避雷器もLA17、屋根も黒とグレーで塗り分け。

手抜き(笑)の私が、買ったその日のうちにほぼパーツが付け終わりました。
ただ、走行音が以前のモデルより少しうるさい様です。

う~ん、満足な買い物でありました。
クイックヘッドマークが付属のものから北斗星をつけてみました。

Clip_1_89

2007年4月20日 (金)

EF66と65

なんか格好良い写真が撮れたので、のせてみました。

Clip_3_6

Clip_4_2

全部表示されていないので、画像をクリックしてください。

2007年4月18日 (水)

画像を追加

以下のページを更新・追加しました。興味のある方はご覧下さい。

アリイの485系
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yusumi/ho/ec/485/index.html

アリイの24系
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yusumi/ho/pcfc/24_25/index.html

ワサフ8000
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yusumi/ho/pcfc/wasafu/index.html

スニ41
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yusumi/ho/pcfc/suni41/index.html

たいしてうまくもないですが、工作の参考になればと思います。

2007年4月17日 (火)

模型撮影用ジオラマ

Nゲージから転向して、大分HOゲージも増えてきました。
一応ユニトラックのエンドレスもあるので走行は楽しめます。

とは言え、そんな頻繁に自宅で走らせるわけにもいきませんし、だからと言って箱にしまったままでも面白くない。
なら、展示とHPの写真撮影用に小さいジオラマでも作ってみるかなと作ってみました。
大きさは300×225。F級の機関車1両がいいところです。
で、写真にするならちょっと工夫してみようなかと思い、信号機を取り付けました。

信号機なら光ってほしいですよね。色々探してみると、協同ライト商会と言う会社が「灯りのアクセサリー」を作っているのを見つけました。
早速、通信販売で購入。シグナルズと言うサイトです。
興味のある方はこちら→ http://homepage2.nifty.com/signals/index.htm

小さいモジュールですが、写真にすると以下の様になります。模型の機関車もなかなかリアルに見えますね。

モジュール全体
P4170118

EF65-1000と信号「青」
Clip_1_88

EF66と信号「黄」
Clip_2_22

EF58と信号「赤」
Clip_3_5

信号機のアップ。その1
P4170116

信号機のアップ。その2
Clip_4_1

とまぁ、ジオラマ上で光っているだけですが、眺めているだけでも、なかなかです。

電子工作が出来る方は実際にレイアウトで使用してみるも良し、ジオラマで光らせて眺めるもよし。
ジオラマにちょっとしたアクセントを付けるのに最適かと思いました。

こうやって見ると、今度は架線類が欲しいなぁ。

2007年4月16日 (月)

貫通型と非貫通型。

とりあえず先頭車です。
200番台と300番台の離合シーンという事で。
アリイのプラモデルのクハ481です。塗り分けがイマイチですが。
下手なのでゴメンナサイ。

Clip_1_87

2007年4月14日 (土)

撮影用モジュール。

Clip_1_86 

P4140101

まだ途中ですが撮影用のモジュールを作っています。
線路の塗装や余計なバラストの除去、植物の追加等の作業がありますが、
ためしに写真を撮ってみました。

2007年4月13日 (金)

身近な川で。

先日、川へ行ったとき、足元を見ているとイモリがのそのそと歩っていました。
この川にはイモリがいるんだ~とちょっと感動。
例えば図鑑とかで、分布が「日本全国」となっていても実際それを探そうと思うと中々居ないんですよね。
ふとした時に見つける事があります。いる所には沢山いるんですけどね。

Clip_1_85

そしてカジカ。
ふと足元の石をどけてみたら素早く逃げる物体が!!
そっと覗いてみるとカジカでした。この川にもカジカがいるんだな~とちょっと嬉しい。
カジカは6月まで確か禁漁ですので、採って食べるわけにはいきませんが、石を動かすと綺麗なカジカを見ることができます。
秋も深まるとカジカを釣る多くの人たちを見かけますが、凄く腰が痛くなりそう。
水槽で飼ってみたいな~。

Clip_2_21

Clip_3_4

そうそうヤマメのポイントで30センチを越す大物が動いた!!。ヤマメか?イワナか?
少しするとその魚がまた戻ってきた。よく見たらナマズでした。ヤマメと一緒に泳ぐナマズ。
大物ヤマメかと騙されたけど、ナマズも魅力的!!。

2007年4月12日 (木)

荷物列車の続き

前のブログで荷物車が増えていることを書きましたが、これをやりたいんですよね~。

Clip_1_84

EF58の牽く荷物列車です。

2007年4月11日 (水)

荷物列車

やっと5両編成になりました。
本日入手したオユ10を除き、タイプの自作である事はこのブログに書いたとおりです。

各車の説明を。
オユ10:友人S氏が中古でGETしてくれました。
マニ50:プラ板で作ったタイプです。
スニ40:ワキ5000を塗り替えてベンチレータをつけたタイプです。
スニ41:ワキ5000を改造したタイプです。
ワサフ8000:ワキ5000とコキフ10000を合体したタイプです。デッキ側妻面の窓は本来はありません。

これらをゴハチに牽かせて楽しむつもりです。あとはマニ60が欲しいなぁ。
Clip_1_82

写真をクリックするとワサフがもう少しだけ写っています。

2007年4月 7日 (土)

思い出の1匹。

釣りのホームページに「思い出の魚達」という項目を追加しました。

大したページはないですが、ホームページを始めてから釣った魚から思い出の魚達をコメントと共にまとめたものです。

初めて魚を釣った時の感動を覚えているのではないでしょうか?
それとも、初めて釣った時の感動は、もう忘れてしまっているでしょうか?

もしかすると、今は外道と思って意識していない魚でも、子供の頃よく釣った魚かもしれません。
ルアーやフライを始めて初めて釣った魚かもしれません。

ふと昔の釣行記を読んでいて、そんな風に思い、まだ途中ですが、1ページまとめてみました。
並べてみるとカラフルな魚達が沢山登場し、自分で作った割りに見入ってしまいました(笑)。
まだまだ追加します。

このページをきっかけに初めて魚を釣った時の事でも思い出して頂ければと思います。
http://homepage3.nifty.com/yusumi/memories/index.html

最後にお決まりで申し訳ないですが、「どこで釣れるんですか?」と言うコメントは勘弁してください。

2007年4月 6日 (金)

荷物車増殖中

今、こんなものを作っています。さて何になるのやら?もちろん車掌室?の部分は直します。

Clip_1_81

2007年4月 4日 (水)

用事のついでに

今日は用事があって出掛けていましたが、そのついでに釣りを小一時間してきました。ナマズを狙うつもりで下流域(と言っても小さい川の下流なので地域的には上流)に行きましたが、釣れた魚はヤマメでした。

Nec_0016

通りがかりの釣りにしては極めて満足な結果になりましたとさ。29.5センチほどです。

2007年4月 2日 (月)

ハス

ここ数年はまっている魚がいます。ハスです。
地元にはいないので、お隣、茨城県まで釣りにいきます。
5月ごろから産卵の為に霞ヶ浦水系などの流入河川に遡上してきます。

オイカワを大きくした様なこの魚、婚姻色がとても綺麗な上、コイ科唯一のフィッシュイーター。
色々、ルアーで釣っているとカワムツもニゴイもウグイもフィッシュイーターではないのか?とよく思いますが、ハスがコイ科唯一のフィッシュイーターだそうですね。

で、フィッシュイーターなだけあって、ルアーやフライで釣れる訳ですが、これがまた良い!!。過去の釣行記でも書いていますが、良型のヤマメの引きと比べても劣らない魅力を秘めています。

夏場限定の魚ですが、今年もあと数ヶ月でこの魚の季節がきます。
今から楽しみ!!。

Clip_1_80

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »