無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

鉄道プラモデル

うちには24系25型と485系が在籍していますが、ともにアリイのプラモデルからHOゲージとして走る様にしたもので、比較的安価に完成しています。

まずは24系25型 Clip_1_78

左からカニ24、オハネフ25、オハネ25、オシ24、オハネ25、オロネ25、オハネフ25です。この7両でプラモデル自体は約7000円強。車輪、カプラー、塗料等も1万円はかかりませんから、手持ちの部品等があれば15000円前後で7両が完成と言った所でしょうか。

次は485系

Clip_2_20

こちらは現在6両編成。先頭車が4両あるので、非貫通と貫通で雰囲気を変えて楽しめますが、非貫通の方はまだ完成していませんし、中間車も1両完成していません。こちのプラモデルは、現在先頭車しか買えないのが弱点ですね。私は運良くオークションで購入できましたが、定価より少々割高になってしまうのは致し方ないですね。私が子供の頃はおもちゃ屋さんに普通に売っていたんだけど・・・。こちらはベンチレータや碍子、パンタなどを交換した方が良いのですので、24系よりは部品代がかかってしまいます。動力も必要ですし。私はパワートラックを使用しましたが、いずれはMPギアにしようかと思っています。 これらのプラモデルは、安くて、気軽に作れて楽しいと思います。ディテールそこそこで良いので、安い客車等のプラキットがでてくれると良いのだけどね。

2007年3月28日 (水)

KATO ナックルカプラーのHOゲージ版

最近、KATOのNゲージの機関車にはナックルカプラーと言うアメリカ型についていたカプラーがつきはじめていますし、ホビーセンターでもNゲージ用は販売されている様ですね。

で、HOゲージ用もあるんですね。KATO USAのWebサイトの部品通販を見ていたら売っていました。

Clip_1_76
「953050 H COUPLER SET MAGNETIC KNUCKLE W/BOX」と言うものです。

で、勇気を出して初めての海外通販。まぁ、KATOなので安心して注文しましたが。

1週間ちょっとで届きました。早速取り付けテスト。

まずは大きさの比較。

Clip_2_19

左側は外国型についているナックルカプラー。右はEF65-1000から外した一般的なナックルカプラー。外国型の方が少し小さいですね。

取り付けテスト。

Clip_3_3

EF65-1000につけてみました。小ぶりでディテールも良いです。ただ、自動開放用のピンをつけてしまうと、相手側の連結器周りの形によっては干渉するかもしれません。65同士を重連したらスノウプローにあたりましたので、自動開放をしないならばピンはつけない方が良いかもしれません。

こんな感じで干渉します。

Clip_4

他の車両では問題は少ないと思われますし、ピンを調整すれば大丈夫な範囲ではないかと思います。

Clip_6

Clip_7

トミックスの64-1000につけてみました。もともと5番のKDがついているので長さ的には問題ないのですが、スカート部の開口部が狭いので、少々の加工が必要です。なお、自動開放用のピンはつけていません。

こんな感じで、なかなか良いカプラーですね。

注意:もし、このブログを読んで、このカプラーの購入や取り付けを行い、不都合や不利益が発生しても責任はとれませんのでご了承ください。あくまで個人でKATO USAから購入し取り付けをしているだけです。この記事はあくまで参考に。

2007年3月25日 (日)

安部礼司が4月以降も続く。

いつも聞いていた「NISSAN あ、安部礼司 BEYOND THE AVERAGE」が来期もシーズン2として続行だそうです。
何気に嬉しいのでした。

今後はどうなるのか?安部礼司。楽しみだ~。

しかし、はまってしまったな~。
日曜の夕方、この番組の為に自分のスケジュールを調整しているのが自分自身滑稽です(笑)。

公式サイト
http://www.tfm.co.jp/abe/

2007年3月23日 (金)

質より量の紙製コンテナ

コンテナ列車を見ていると色々なコンテンナが乗っていますね。
我が家にはカトーとエンドウのコキ104がありますので付属のコンテナばかりです。
別売りのコンテナもありますが、数を用意するには結構な費用がかかります。

そこで、凹凸の少ないコンテナをパソコンで作成し、厚紙に印刷して箱状にしました。
ディテールや凹凸はありませんが、走らせて楽しむには十分だと思います。なにより
コンテナのバリエーションが増えるのは楽しい事です。

真ん中のコンテナは普通の紙に印刷してプラ板の箱に貼ったのですがはがれやすいので
手前のコンテナの様に厚紙に印刷した方が良いかもしれません。

今後の課題は折り曲げ部のタッチアップです。写真のコンテナは似た様な色の
コピックで塗ってしまいました。

Clip_1_75

2007年3月20日 (火)

続EF64(HO)

2007年3月13日のブログに書いたEF64ですが、ひとまず屋上の改造が終わりました。
Shinさんのコメントにある「正面右側の逆L字の手すり」は、もちろん知っていましたが
潔く省略です。
64の扇風機カバーはPFとも64-1000とも形が違うので少々難しいですが、エポパテで整形した割にはうまく出来たと自負しています。

正面のナンバーは64-0用を持っていないので1000番台用をとりあえず切り継いで貼り付けました。
無いよりは良いかと思います。
次にカツミのこのモデルを入手できた時は茶色の64を作ろうなんて計画中です。

Clip_2_18

P.S. Shinさんへ、理由は先日説明した通りなので深く突っ込まない様に!!

ついでにもう一枚。

Clip_3_2

2007年3月15日 (木)

イワナ

今日は夕方少々の時間があったので、小一時間、川へ行ってきました。
今日行った川は滅多に行かない川です。放流量の多い川なのですが、何分ルアーで探れる様な感じの川じゃないんですよ。
浅くて、大きな石もなく、いまいち探りにくい。ルアーマンがいないかわりに餌釣りの人は多いです。
餌釣りは浅くて流れが速くても探れますが、ルアーには厳しいですね。

今日は、その川のほんの少々流れが緩やかな場所を探して探ってみました。
ロッドとルアー1個だけの軽装備で探ったので、一発勝負でしたが、イワナが1匹追ってきてヒットしました。

Clip_1_74

この1匹以外は何の反応もなし。すぐに帰りました。

2007年3月13日 (火)

EF64(HO)

写真はカツミの30年くらい前のEF64です。もう一両あります。
以前、1両を後期型に改造したのですが、いまいち気に入らないの再度加工中です。
一番の加工ポイントは屋上の扇風機カバー部分です。ただいまエポパテで整形中です。

今回は運転席もつけてみました。

Clip_1_73

2007年3月 8日 (木)

荷物車増備中!!

と言う事で、現在製作中のマニ50はここまで出来ました。
幌に色がついているのはご愛嬌(汗)。

Clip_1_69

ようやく3両の荷物車を作った訳ですが、皆、タイプ?に近いのではないかと思います。
スニ40:ホビーモデルのワキ5000の台車を変えて、ベンチレーター取り付け。
スニ41:同じくワキ5000に??室?をプラ板でつけて、台車交換とベンチレータ取り付けただけ。
マニ50:プラ板で車体は作っただけ。

とまぁ、タイプを適当に作っている様に書いていますが、自分の技術で精一杯らしい車両を作っている訳で(笑)。
これでも編成にすれば、結構雰囲気が出るので良しとしています。
真鍮キットを作れば、製品として入手する事も出来るのですが、まぁお金をかけずに楽しむのもひとつの方法かと。

で、最近荷物車を作っているのは、子供の頃に毎日の様に見ていた、58(EGタイプ)牽引の八甲田や荷物列車をやりたいからだったりします。後半はPFに変わって「なんだ65かよ~」と言った様な編成もやりたいと思っています。
私の少し上の世代だと57を待っていて「なんだ58かよ~」となるんでしょうね。

あと数両のスニ40を作って、ワサフも欲しいしオユ10も欲しい。茶色いマニも欲しいな~と荷物列車の再現を目指すのでありました。こんな国鉄時代の列車が良いんだよね~。

2007年3月 7日 (水)

なんと!?

先ほど外に出てみたら大粒の雪が降っていました。今年の初雪かな??まぁ、積もらないだろうけどね。今年はやっと雪を見ました。記念にブログへコメント。2007/3/7 20:48

2007年3月 6日 (火)

鉄道模型

私は乗り物がすきで、鉄道が特に好きなのはHPを見て頂ければわかりますが、
鉄道の模型と言えば鉄道模型ですね。

私のブログは、釣り好きの方も見ていると思いますので、鉄道模型についてちょっと説明を。
日本で主に楽しまれているのは、NゲージとHOゲージ(日本では16番と言う様ですね)ではないかと思います。
で写真はEF65と言う機関車です。作っているメーカーも同じ。
大きい方がHOゲージ、小さい方がNゲージです。

Clip_2_17

私は小学校3年生のころにNゲージを始めました。途中ブランクもありましたが、ちょこちょこ集めて
いました。数年前からはHOゲージに移行しています。以前はどう間違ってもHOゲージに移行する事はないと
信じていたのですが、あらら不思議、あるときを境にHOゲージへ大幅に移行してしまいました。
ある時と言うのはHOのEF66を買った時なのですが、HOの存在感にしっかりと魅せられてしまいました。

10年ほど前は安価なプラ製の車両があまりなかったのですが、最近では電車も含めいろいろ増えています。
金属の機関車だと電気機関車で15万円前後もする訳ですから買えませんし、模型の機関車に15万円も使える程の
お金持ちでもないですし、走らせて倒れたらショックだし・・・・。
それがプラ製の機関車だと2~3万円で買えます。まぁ、これでも模型の機関車と言う”おもちゃ”を買うには安くはないですが、
給料をやりくりすれば、年に2、3両くらないなら買えるでしょう。

そんな訳で、今では所有する機関車の大半がHOゲージ。Nゲージはほとんど知人にあげたりヤフオクで新たな所有者のもとへ
旅立っていきました。

一生のうちに一両くらいは15万円くらいする”機関車のおもちゃ”を買ってみたいものです(笑)。
※それが買えないのでEF200をプラ板で作ってみたのでした(笑)

ちなみに、10万円以上とかする機関車は真鍮製がほとんどでプラ製ではありません。
キットだと半分くらいの値段なので、頑張れば年に1両くらい買えそうですが、真鍮製なのでハンダ付けで
作るので、私には無理なのでした~・・・・・根性ないので。

2007年3月 4日 (日)

風邪で寝込んでいます。

久しぶりに熱がでて、昨日から寝込んでしまいました。
今日は少し調子が良いので、ブログを更新。こんな時に更新しなくてもと思いますが、
寝てばかりでも、つまらないので・・・。

3月ですね。渓流が解禁です。今年は3月1日に川へ行ってきました。釣行記は、近々に公開しますが
小さいヤマメのみの釣果でした。

車で走りながら川を見ていると放流が多い川は人も多いですね。私は地味な川をメインにしているので
魚は少ないですが、のんびり釣りを楽しむ事が出来ます。

写真は川原で撮影したネコヤナギです。もう春ですね~。

Clip_1_68

2007年3月 1日 (木)

続マニ50(HO)

マニ50続行中です。色を塗ってありますが、下塗り兼仕上げ用ですので、再度塗ります。

Clip_1_67

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »