無料ブログはココログ

sumi_list3

sumi_list2

sumi_list

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月25日 (日)

漁港の釣り。

昨日の土曜も海へ行ってきました。
私の家は海無し県の栃木県。海は遠いですがお隣、茨城県へ行っています。

私の家から、どこの港へ行くにしても同じ様に時間がかかります。
どこが近くて、どこが遠いと言う訳ではなく、ほぼ同じだけの時間がかかります。
遠いには変わりませんが、気持ち的には楽です。で、最近は海の釣りを覚えた
行きつけのポイントとは違うポイントへ行っています。

私はヘチ釣りをメインにしていますが、港によってヘチ部分の作りの違いがあり、
海草がはえていたり、貝があったり、穴があいていたりポイントを変えてみて、
色々勉強中です。
なので、最近行き始めたポイントでは、まだまだ釣り方がつかめず苦戦中ですが
ルアーを変えたり、リトリーブをかえたり試行錯誤も楽しいものです。

海がもっと近かったらと思う今日この頃です。
とは言え、ヤマメを釣るのも楽しいんだよな~。

"ありがとう、お魚さん!!"と魚に感謝の気持ちを言ってみる。

2006年6月21日 (水)

1234567890

昔の写真を見ていたら、車のメーターの写真を発見。
前に乗っていた「SW20」のMR2のメーターだ。この車は今も友人が乗っており、もう20万キロらしい。

で、この写真はODOメーターが123,456キロ、TRIPメーターが789(0)キロ。
まぁ、タイミングを見てTRIPメーターを「0」にすれば出来る事だけど、それからは常に気にしてないと
見過ごしてしまう。

たしかこの日は会社の同僚と遊んで夜中に帰る途中だったと思う。家まで数キロ手前の所。
夜中に車を止めて社員を撮る怪しい私でありました。

車は大事に末永く(笑)。
P5200037

2006年6月19日 (月)

先日の出来事

夜遅くアパートへ帰ると、ドアの前に何か居た。すぐに走り去った。
その方向を見ると1匹の子猫がいた。目が合ってしまった。

すると、こちらへやってきた。マズイ、ここでなつかれてしまうと
情が移ってしまう。私は猫が好きだから飼いたいのは山々であるが
アパートでは飼う事は出来ない。

足元へ来てしまった。マズイ可愛い。実家の私にはなついてくれない猫とは違う(これは悲しい)。
綺麗な子猫だったので、野良猫なのか、誰かが捨てたのかもわからない。どこかの飼い猫かもしれない。

飼えないなら心を鬼にすべきと思い、私は走った。
人間とは勝手なものです。

正直辛い。「誰かに拾われてほしい」「どこかの飼い猫であってほしい」
そう思いながら寝る事にした。

たとえ野良猫でも、飼い猫でも一生懸命生きていることに変わりはない。
動物を飼うと言うことは最後まで責任を持って愛情を注ぐ事だと思う。

この子猫もたとえ野良猫でも飼い猫でも強く生きていってくれる事を
願わずにはいられない。

子猫のことを思い出すと、なんとなく鳴き声が聞こる気がする自分がいる。

2006年6月18日 (日)

EF65 1089

土日で作りました。
前面下のラインが乱れたのが失敗。仕方なし。

加工ポイント
・避雷器をLA17へ
・サイドの蛍光灯カバーを追加

くらいです。

あとは小パーツの取り付けと塗装で完了。
Clip_1_9

2006年6月17日 (土)

補修したルアー

下の補修したルアーですが、今日の午前中試しに行ってみました。

増水していない川を探し初めてのポイントでキャスト。お!動きは悪くない。

「これなら使える」と2,3投チェック。OK。早速ポイントへ。

いきなりヒット!!。割と良型ヤマメ!!

と・こ・ろ・が・・・・・・なんとラインブレーク。ショックです。

ルアーをロストした事より、ラインブレークする事によりルアーを外せなかった事が

ショックです。魚から自然に外れてくれれば良いのですが・・・。

やはりバーブレスにするべきだろうか。やはりラインを太くするなどして

確実に魚をキャッチ、リリースできる様にしたいと思う。

今回はラインが細いと言うよりは、少々痛んだまま使っていた、自分が悪いのだけどね。

2006年6月14日 (水)

ルアー補修。

先日34センチのヤマメを釣ったミノー。
お手軽価格でごくありふれたルアーですが、根がかりを外したらすっ飛んできて
壁に激突。リップが根元から折れました。

まぁ、また買えば良いのだけど、せっかく尺ヤマメも釣ったルアーなので、補修してみました。

使ったのは先日もブログに書いたプラリペア。
別の同じルアーから型取り君で型をとり、プラリペアを流し込んで壊れたルアーを型にはめる。

待つこと5分。固まってから取り出し、はみ出た部分を削れば完成。

まぁ、ちゃんと泳ぐかわかりませんが、補修の練習と言う事でやってみました。

見た感じは良いかもね。
Clip_1_8

2006年6月10日 (土)

またも尺越え

またも尺越え。アイナメとしては小さい方かもしれませんが

私としては嬉しい1匹です。

Clip_1_7

釣行記は近々に。

2006年6月 9日 (金)

購入

今日は、気持ちばかりの臨時収入。

早速模型を注文してしまった。改造して遊ぶぞ~。

EF65-1000

スハフ12、オハフ13、オハ12x2

を買ってみました。

12系は牽引用だけど、EF65-1000はどうするかな~。

2006年6月 8日 (木)

今年初の尺ヤマメ

今日は病院へ行くので、有休。
午後から時間ができたので近くの川へ。
な、なんと34センチでした。詳細は私の釣りページの釣行記へ。

Clip_1_6

検査結果も上昇、ヤマメのサイズも上昇。嬉しい反面少々ヤバイ(笑)。

2006年6月 5日 (月)

ウナギ

先週の土曜の午後、のんびりと近くの川で、フライでオイカワ釣りをやっていた。
結果的にはカワムツとウグイしか釣れなかったのだが・・・。

ふと、水中で動く物体発見。長細い。よく見ればウナギの様だ。
しかし何かにひっかかっている。

よ~くみると、多分誰かが仕掛けたであろう、仕掛けにかかっていた様でした。
さすがに人様の仕掛けの「獲物」を勝手に取るわけにもいかないけれど、
よく見れば、そのラインはぼろぼろ、複数の針の一本には、朽ち果ててカビが生えている
死んだウナギ。多分、先日の大雨で流されてきたのでしょう。

総合的に判断して、多分この仕掛けは、流されてきたもので、所在不明(多分)。
靴を脱いで、川へはいりライン(普通の釣り糸ではありません)をひっぱるとあっさり切れる。
これはやはり、大分時間がたっていると思う。

何とか魚を取り込み、フックを外そうとするけど、やはりこういう仕掛けの針は頑丈で外れない。
悪戦苦闘して、何とか外しましたが、魚も大分弱ってしまった。そのまま何とかリリース。

魚にとっては余計なお世話かもしれないし、少々強引にフックを外したので、生き延びられるかも
わからない。しかし、針にかかって根がかりしたまま、死んでしまうのもどうかと思う。

私の釣りは食べる時を除いて、すべてリリースするので、きれい事かもしれないけれど
出来る限り魚にやさしいリリースを心がけようと思うのでありました。

ただ、地元の川にウナギがいる事を知ったのは少々嬉しい出来事ではありました。
結構大きかったな~。

2006年6月 3日 (土)

EF64完成

だいたい完成です。

片側だけライトをLEDで点灯させました。

Clip_1_5

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »